fc2ブログ

うさこの気まぐれ日記

看護師の仕事の事、家庭、ガーデニング、愛犬、旅行,のことを書き綴っていきます。

Entries

私の体験した不思議な出来事 ポルターガイスト?

私が18歳の頃、看護師なので深夜、準夜勤務から帰ってきて
翌日は明けで疲れているため昼の11時まで寝ていた。
そろそろ起きようと目を開けようとしても目が開かない。
金縛りになったのかと思っていると
グワーン!グワーン!グワーン!と耳鳴りがしている。
どんどん耳鳴りの音が早くなる。
声を出そうとしても声も出せない。
お母さん、助けて~と言っているつもりでも言葉になっていない。
そのうちに何者かがいきなり胸の上を凄い力で抑え込んできて苦しい。
なんとかもがこうとしても手足がジンジンしびれて動かない。
目を開けようと必死になり、声をあげようと抵抗しているせいか
そのうちに寝ていたベッドをすごい力でギシギシ揺さぶってくる。
ベッドのきしむ音と揺れを感じる。
地震でも起きているように激しく揺れる。
すごい恐怖を体中で感じている。
時間にして何分経ったであろうか
そのうちに金縛りがだんだん溶けてきた。
体にもがいた後の気怠さだけが残っている。
そんな日が頻回に続き、寝て起きるのが恐怖だった。
20歳を超える頃には金縛りの頻度も減ってきた。
あれは、まさにポルターガイストのようだった。
あの時の恐怖は今も心に焼き付いている。

CIMG1579.jpg
淡山神社 奈良

母の金縛り体験

あれは、雷の鳴る日のお昼頃だった。
母は居間の柱に寄りかかり、急に怠くなり、ウトウトとすごく眠くなった。
しばらく眠った後、ハッとして起きようと目を開こうとしたところ
目が開かない。
おかしいなと思っているとジンジンジン-ンと耳鳴りがした。
それでも必死に何とか薄目を開いた。
何と目の前のテレビの前に帽子をかぶり作業着を着た男が
テレビの方を見て座っている後ろ姿が見えたという。
寝ぼけていたのだろうと自分に言い聞かせ
それに父が昼に帰ってきたのだろうと思い
仕事から帰った父に「今日お昼に家へ帰ってきた?」と
母が尋ねたが、遠くへ仕事(大工)で行っていたので
「帰ってこられる訳ないだろ!」と父に怒られた。
父はお化けとか信じる人間ではない。怖いもの知らずだ。
それにしても帽子の男はいったい何者なんだろう?
いまだに不思議な出来事だったと母は話す。

父はそれから間もなく脳出血で亡くなる。私が19歳の時だった。
私の金縛りもその頃の数年に頻発に起きていた。
関連がないことを祈りたい。
しかし、そのころに不思議な出来事が頻繁に起きたことはまぎれもない事実だ。





スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

きまぐれうさこ

Author:きまぐれうさこ
51才の看護師、2児(社会人)の母親です。
趣味:ガーデニング、ショッピング
愛犬:MDココア 故MDチェリー
愛犬ココアについて、子育て体験談、ガーデン日記、旅行記
謎の出来事など
色々書きたいと思うのでよろしくお願いします♪

ブログパーツの森

最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索

FC2カウンター

♪訪問者数♪  あなたは、

人目の訪問者です。

FC2ブログランキング

応援してね!!

FC2Blog Ranking

↑のバナーを クリックお願いしま~す。